職業チャレンジ

こんばんは
鍛治本です。

舞台俳優は、一つ公演をやるごとに、行く場所も一緒にお芝居を作る人も変わる。

その公演ごとの、生活リズムみたいなものが、いつの間にか出来上がっていて、公演が終わると、突然そのリズムから放り出されるので、途方に暮れやすい。というか今、暮れている。

ただ、演劇とは別に、ゆっくり取り組んでいることがあるので、それに助けられている。

何をやっているのかは、まだ言えないけど、そのうちね。

ここ3年ぐらい、演劇以外のことをたくさんやり始めていて、本当によかったと思う。

芝居を始めて10数年間は、ずっとお芝居のことだけ考えていた。
それがなんか格好いい気がしていたのよね。

でも、節操なくいろんなことに取り組み始めてからは、演劇だけやっていたら出会わない人ともたくさん会って世界が広がったし、仕事に対する考え方も変わった。

そうすると不思議なもので、もっと演劇のことを考えるようになっていた。

どんな経験も芝居の糧になる。

お芝居と、生きること、そして常に何かにチャレンジする姿を提示していきたい。

2 COMMENTS

chie♪

肩の力を抜いて楽しめる事が一番ですよね。
でもそれはがんばってるから感じることなんじゃないかなぁ〜って自問自答の日々です^ – ^
今日もがんばる!笑笑

返信する
ちさと

ご自分のやりたい事、できる事が見つかって良かったですね(・∀・)
私もできる時にできるだけ応援したいと思っています。
いつ何が起こるか分からないですものね(´•ω•̥`)
次回の情報公開を楽しみにしています*\(^o^)/*

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です