稽古大詰め

こんにちは
ミーザンス鍛治本です。

『なるべく派手な服を着る』稽古17日目

いよいよ本番まで1週間になった。

稽古は実質5日。

ミザンス

『ミザンス』とは、演劇では主に「役者の舞台上での立ち位置」という意味で使われることが多い。

どんなに、素晴らしい感情で素晴らしいセリフを喋っていても、前に人が沢山いて全然見えないともったいない。

かと言って、めちゃくちゃ分かりやすく、そこだけスコーンと開けていてもわざとらしさが目立つ。

そういった絶妙な立ち位置を調整する。

今回は二面客席なので、どちらからの見え方も考慮に入れないといけない。

しかし、ただ動いているわけではなく、感情は状況で動ける範囲や動きを模索する。

見せたい絵が先に決まっている場合、それに向けて、そこに出ている全員で、まるで詰将棋のように、何十手も前から、数センチ単位で検討する。

第一、日常生活で、人と喋っていて、近寄ったり離れたり、交差したりすることは、あまりない。

それでも、そこに嘘がないように内側を埋めるのが役者の仕事なんだと思う。

まだまだ詰める作業続行中です。

『なるべく派手な服を着る』

金曜日の14時の回にハッピーシステム(前説というかフリートーク)に鍛治本出ます!

開演前のおしゃべり頑張ります!

ご予約はこちら

8月
28日(水)19時☆松尾貴史さんアフタートーク
29日(木)14時 19時
30日(金)14時 19時☆土田英生さんアフタートーク
31日(土)13時 18時
9月1日(日)13時 17時下北沢 小劇場B1

http://tabacchi.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です