今とこれからを見つめる

おはようございます
鍛治本です。

本当だったら、今頃本番をやっていた公演が延期になり時間ができた。

時間ができたと言いながらも日々やる事は尽きないので、のんびりできるわけではないんだけど、それでも、お芝居の稽古、本番をやっている時よりも頭のキャパシティが空いている感じがする。

改めてお芝居は、時間と精神力と体力を使う作業なんだと実感する。

こんな時だからこそ、その余ったキャパシティを使って、今後のことや、自分のことを考える時間を作っている。

具体的に言うと、今、自分が取り組んでいることの位置付けの整理と、今後やりたいことの再確認。

チラ見せ。

今主にやっていること。

・役者としての活動
→舞台(これは死ぬまでやりたい。ただ1日の時間、一年の期間をの消費量が大きいので、バランスが大事なのと、演劇自体のシステムの変革、観劇人口の増加の取り組む必要あり)
→映像(役者をやっている以上、挑まなければいけないと思っている。より多くの人に見てもらうことを放棄してはいけない)
→声優(根っこは同じだけど、表現方法の違いが面白い。増やして行きたい)

・ワークショップ
→プロになりたい人のサポート(現場では演出と演技指導がまだまだ混在しがちな印象。どんな演出でも自分で考え実行、挑戦をできる意識と技術の確立をお手伝いしたい。と言うか俺が欲しいその技術。ありがたいことに外部からの依頼も増加傾向)
→趣味としての演劇や、日常に活用できる演劇ワークショップ(どんな年になって初めても演劇は面白いし、演劇とは無関係の人生を送ってきた人のお芝居は本当に面白い。生涯学習の一つとしての演劇を広めていきたい。)
→教育としての演劇(企業研修、そして学校教育に演劇は絶対に有効だと思っている。一人では進めていけない事柄でもあるので、発信して協力者を見つけていく。こちらもライフワーク)

・SNS
→Twitter https://twitter.com/kajimotodaiki?s=09(実は最近、あまり活用していない。時間の浪費と意見の偏りを避けるため。ただ、言葉を伝えることで、誰かの助けになる可能性はあるので使いどころを見極める)
→Instagram https://www.instagram.com/kajimotodaiki/?hl=ja(猫。)
→YouTube https://www.youtube.com/channel/UCrW6RP3OQuA3qIolNxS3W7Q(まだ試行錯誤が続くが、非常に勉強になるプラットフォーム。視聴者の動向や、趣味趣向を考えると言う行動が不可欠。これは演劇の興行にも必ず必要な思考だと思うのでとても勉強になる。とりあえず目指せチャンネル登録者1万人)
→SHOWROOM https://showroom-live.com/kajimotodaiki(5G時代の到来後は生配信が非常に重要になってくるので大事。活動のベースキャンプ的役割。自分が主役というより参加者の皆さんが主役のコンテンツだと思う。参加者間のコミュニケーションが広がっていくのがめちゃくちゃいい)
→ブログ https://kajimotodaiki.com(生配信やYouTubeよりももっと自分の考えの整理や進捗を確認する位置付け。過程を楽しんでもらえると吉)


ほんとはもっとあるんだけど、今日はこんなところで。

一番大事なのは楽しんでもらって生活の活力にしてもらうってこと。
今日もやりまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です