やれることなんてそれぐらい

こんばんは
鍛治本です。

劇団ノーミーツの稽古。

今日も自宅からパソコン画面に向かって一生懸命喋る。

よくよく考えると、もうかれこれ15年近く芝居をしてきて、随分と久しぶりに、前からの知り合いが全くいない、全員はじめましての現場。

ただ、3週間後には本番が来てしまう。

今は初稿の台本を読みあわせて気になったことや、世界観のすり合わせなどで話し合っている時間が長い。
人見知りしていると、途端に時間が足りなくなってしまうので、結構フルスロットルで喋っている。

会ってはいるけど画面越しであるということも、焦りというか、距離感を感じて、いつもよりも力が入ってしまっているのかもしれない。やれやれだ。

「おっさんうるさいな」というごくごくシンプルで辛口な感想を持たれていないか、すごく心配。猫に慰めてもらうしかない。

お芝居を良くすることは当然のこと、座組みの雰囲気が大切だってことに気付いたのはいつぐらいだったろうか。
若い頃は自分のできないことにしか目が向かなかったし、ちょっと年数が経つと、全員ライバルだぜ!みたいな演劇ヤンキーに成り下がっていた時期もあった。恥ずかしい。猫に慰めてもらう。

広い演劇界、まだまだペーペーもいいところだけど、気付けばたまに、最年長やそれに準ずる歳であることも多くなってきた。

改めて思う。芝居づくりに歳や経験は関係ない。
お互い尊敬の心と愛情を持って、思ったことを言える稽古場でありたい。
その雰囲気作りぐらいしか、年長者に出来ることはない。と自分が年長者の時、僕は思ってる。

それが、お客さんに面白いものを届ける最良の手段だと信じてる。

今日も、みんなどんどん素敵なアイディアを喋っていた。

めちゃめちゃいい。頼もしい。

もうやることねぇなぁ。猫と遊ぶか(自分の芝居を何とかして)

劇団ノーミーツ第二回長編公演
『むこうのくに』
7月23日(祝)〜26日(日)
生配信上演

詳細、予約はこちから↓

http://no.meets.ltd/mukounokuni/




----------------

〇え?いつでも見守りたいって?だったら鍛治本公式LINEアカウント!

ワークショップ情報がいち早く来たり、AI鍛治本とのお喋りを楽しんだりできます!

友達登録こちらから!↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ja.png です

〇え?!もっと応援したいって?それならYouTubeチャンネル「かじちゃんねる」チャンネル登録!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!
チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です