今日からまた始まる

こんにちは
鍛治本です。

10月になりました。
台風が少しずつ少しずつ近付いて来ている今日、お知らせとともに、新たな作品作りが始まります。

このご時世で、こんなにも舞台をやらせてもらっているのは、本当にありがたいです。

8月も舞台をやっていた訳ですけど、じゃあ9月はお前何してたん?ブログも更新せんと。
って話ですよね。

9月は、2021年の中で、いや、ここ数年の中で一番ゆるゆるなスケジュールで、史上稀に見るダラダラな生活を送っていました。

とはいうものの、表立って発表できるものがなかったというだけで、オーディションに出かけたり、お芝居以外の創作をしたり、貪るようにインプットしたり(1日に映画4本、本2冊とかいう変態スケジュールだった)、種まきみたいな期間を過ごしました。

あとは家でひたすらキャンプ道具広げて遊んでた。

少しずつですが自分の中での考えや振る舞いが変わっていく時期でもあるような気がして、これからの10年を楽しく過ごす準備期間でもあるなぁとぼんやり考える9月でもありました。

ただ、だらけきった生活をしていたのは事実なので、今日から気を引き締める所存。

台本を渡され、初めましての皆さんと1ヶ月作品を作るとなると、自然に気が引き締まって、心臓の鼓動が早くなるのを感じているので、今のところ、役者業は僕の中での天職なんだと思います。

それでは、暴風をかき分けながら、稽古行って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です