そうせずにはいられない

こんばんは
鍛治本です。

昨日はキャラメルボックスの先輩、大内厚雄さんの個人ユニットsbd Blue 第七回公演「THE MORNING ROLLS AROUND〜何者でもないワタシの道〜」を観劇。

https://atsuwo.amebaownd.com/posts/13180382/

このコロナ禍の中、ありがたいことになんとか舞台出演を続けているけど、逆に客席で観るのは久しぶりだってことに始まって気が付いた。

このご時世で公演をやる、やり遂げる、には、並々ならぬ覚悟と準備が必要になる。

そんな中、舞台上に立っている姿は、とても、勇ましいというか、同じ演劇人として誇らしいというか、それだけで格好良く見えた。

もちろん、賛否両論あるのも分かる。

でも、冒頭の役者の姿を見て思ったのは、やはり演劇は「やりたいからやる」ものなんだよな、ということ。

演劇を一度も劇場で観たことがない、触れたことがない人からすると、演劇は不要不急のそれにあたるのだろう。

でも、このご時世、何倍も大変な準備と注意をしてでも、やらずにはいられない何かが、演劇にはあって、やらずにはいられない人間がいるということ。

誰かに届けたいとか、それ以前の根源的なもの。

それがある物語はシンプルで力強い。

僕の中にもある。厄介なもんです。

———————————————————————————————–

◯ちまきグッズ発売中!

購入はこちらから→https://suzuri.jp/kajimotoworkshop

〇鍛治本公式LINEアカウントはこちら!

ワークショップ情報がいち早く来たり、AI鍛治本とのお喋りを楽しんだりできます!

友達登録こちらから!↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ja.png です

YouTubeチャンネル「かじちゃんねる」チャンネル登録!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!
チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です