一つずつ

こんにちは
鍛治本です。

劇団ノーミーツ「むこうのくに」26日に無事千秋楽を迎えることができました。

千秋楽は1400人のお客さんに見て頂いて(ありがとうございます!)、直前のログインエラーで15分押しでの開演(すみません)

でも追加公演ではログインをしやすくなるように、改善中だとか。

8月1日と2日に決まりました!祝
見逃した方今度こそ。

https://mukounokuni2.peatix.com

こういう目に見えない部分のアップデートも演技演出と同じぐらいすごく大事だし、アップデートに余念がないのが本当に素晴らしい。

千秋楽が終わったのは23時。そこから早割特典の配信があった。

その後、打ち上げが行われ、気づけば毎朝配信しているSHOWROOMの配信時間朝8時になっていたので解散(大学生か)。

そしてなぜか、昨日の夜も少人数での打ち上げその2が行われた。
どんだけロスなんだよ。
そこでの面白話はまた今度。

コロナで舞台や仕事が中止になり、演劇が「できない」ってことが僕の中では震災の時とは違う意味合いでのしかかってきた。
多分一番の違いは終わりが見えない。というところだと思う。

僕個人の意見としては、天災やアクシデントで興行が行えないって言うのは、リスクとして常に考えておかなければいけないし、個人事業主として、それを見越して日々生活しておく必要があると思ってるので、コロナのせいにすることも政府のせいにすることも特になく、結構、ポジティブかつ冷静に、「役者をやめる」と言う選択肢が頭の中に一瞬浮かんだ。

そんな時に、ノーミーツさんのオーディションを見つけ、いま、こうして出演しているわけだけど、本当によかった。

ノーミーツに関わってるスタッフさんたちは、とにかく「できない」って言わない。

これこうだともっと面白くね?から始まって、どうしたらそれを実現できるかを考え続ける。

もちろんその結果断念することはあるんだけど、「できない」に結構な思考を占拠されていた僕にとってはかなり衝撃で、毎日勉強することばかりだ。

やれることはまだまだあって、それを一個ずつ泥臭くてもやるかやらないかだけだなぁと気付かされた。

本当に、参加しないと出会えなかった人たちばっかりだし、それぞれ尊敬するところがありすぎて困っている。

一つずつやって行こう。

劇団ノーミーツ第二回長編公演
『むこうのくに』
8月1日(土)、2日(日)20時追加公演決定!
予約はこちから
https://mukounokuni2.peatix.com

http://no.meets.ltd/mukounokuni/


----------------

〇え?いつでも見守りたいって?だったら鍛治本公式LINEアカウント!

ワークショップ情報がいち早く来たり、AI鍛治本とのお喋りを楽しんだりできます!

友達登録こちらから!↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ja.png です

〇え?!もっと応援したいって?それならYouTubeチャンネル「かじちゃんねる」チャンネル登録!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!
チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

最新動画YouTube

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です