劇場が欲しいよね

おはようございます
鍛治本です。

今日はすゞひ企画『9月31日の花嫁』追加公演を含め2ステージ、そして千秋楽。

『なるべく派手な服を着る』の稽古初日から始まった怒涛の演劇月間に一区切りつく。

千秋楽の次の日に初日という強行日程と、『9月31日の花嫁』の稽古は5日程というスケジュールをよく乗り切った。頑張ったよ自分。
いや、でも、そのスケジュールを許してくれた鈴木くんと周りのみなさんのサポートのおかげ。

感謝しながら、今日の2ステージ頑張ります。
12時からの追加公演は、当日券ふんだんに出ます。今からでも間に合う!
アフタートークもあるので、ふらりと新宿歌舞伎町の東京ミステリーサーカスまでお越しください!
詳細はこちら

続・居場所の話

昨日、「居場所」の話をしたけど、あれは心の居場所というか精神的な拠り所の話でした。

でも、時々、物理的な居場所も欲しいなって思ってて、今日も朝走ってて、「あ、劇場ほしい」ってなりました。
もちろん、財力も運営ノウハウも今のところありません笑

でも、演劇人の夢ですよねぇ。

劇場のキャパは、120人ぐらいのギュッとした空間で、もちろん、同じ建物内には稽古場も完備。
そして、お芝居もそうだし、今回みたいな謎解き公演の終演後、お客様を見て思うのは、「終わったら存分に語り合いたいよねぇ」ということ。
そこにお酒や美味しい食事があれば最高じゃない?
なので、稽古場の他に、カフェ&BARも作ります。
こりゃビルが必要だ。

そうなると妄想が止まらず、BAR内の図を書いてみた。

書いてみたって程じゃないけど、ここで、お芝居の話したり、演劇人が集ったり、学校や会社行きたくない人がサボったり出来たら楽しいじゃない。

カウンターでエスプレッソとお酒を作るのは、もちろん、僕です。

さて、ビル建てる為に頑張って稼ぐかな。

土地の提供者と出資者の方いつでも募集してます。

行ってきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です