演劇の醍醐味

おはようございます
鍛治本です。

昨日は声の仕事からの「酔鯨云々」の稽古。
初めて夜の時間帯に通し稽古をしてみた。

やっぱり全然違う。
一仕事してきたからって言うのもあるけど、身体の状態が午前とは違って、序盤の展開もいつもとは違ったものに感じた(どちらが良い悪いではなく)

その日の身体の状態、役者それぞれの心の状態、そして客席の状態に左右されるのが、演劇の醍醐味だと思ってる。

もちろん、そこがデメリットにならないように、一定のクオリティを保つのが我々の役目でもある。

同じ台詞を同じ動きで言っても、同じにならないこの醍醐味は、劇場に来た人にしか分からない。
その面白さを伝えて劇場に足を運びたくなるような努力をもっとしていかないとね、我々演劇人は。

では今日も行ってきまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です