八百屋舞台

おはようございます鍛治本です。

「八百屋舞台」という言葉を聞いたことがあるだろうか?

別名「開帳場」とも言われる。

これは奥が高くて手前が低い、つまり傾斜がついた舞台のこと。

その名の通り八百屋さんに野菜が並んでいる棚と同じ仕組みで、奥の野菜もよく見えるようという効果がある。

今、出演中の「Transcendent Express」も実は八百屋舞台になっている。

しかもただの八百屋じゃない。

奥が高く、そして上下(かみしも)つまり左右にも別の傾斜がついている。

だが、これが、写真でみるとまったく伝わらない。

客席で見ていても、もしかしたら気付かないかもしれない。

なので動画を撮影してみた。

お分かり頂けただろうか。

実はこの八百屋舞台、当たり前だけど、真っ直ぐ立っているのが難しい。

動くともっとぐらつく。

前を向いたり、水平がとれたものを見てしまうと、余計に平行感覚が狂う。

何が言いたいかというと、その上で平然と演技をしている出演陣は凄いしエライということ←

今日もギリギリを攻めながら平然とやってきます。

こちらはNGシーン

直前予約(劇場精算)↓

https://www.quartet-online.net/ticket/transcendentex?m=0sjcggb

Cuebicle

「Transcendent Express」

2021年12月10日(金)~19日(日)

上野ストアハウス

作:AlisonGrace

演出:フジタタイセイ (劇団肋骨蜜柑同好会)

http://www.transcendentex.com/

◯グッズ

購入はこちらから→https://suzuri.jp/kajimotoworkshop

YouTubeチャンネル「かじちゃんねる」チャンネル登録!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!

チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です