継続をやめる話

こんばんは
鍛治本です。

5月5日から、誕生日動画なるものを毎日YouTubeで出していました。

で、昨日6月12日で、毎日の誕生日動画は止めることにしました。

僕は、継続の鬼と呼ばれているので(どこで?)、ぶっちゃけて言うと、続ける方がやめることよりもはるかに楽なのですが、だからこそ今回の決断をしました。

もしこれから先のお誕生日を楽しみにされていた方がいたら申し訳ありません。

理由をお話しします。

そもそもが僕のYouTubeチャンネルは、
・演劇をまだ見たことがない、劇場に来たことがない人に演劇に興味を持ってもらうこと。
・舞台や、映像、声の仕事で、演劇をこれから職業にしたい人の励ましになること。
・演劇で培えるスキル(身体への意識や発声、コミュニケーション)が日常生活でも有効であること。つまり演劇を職業にしない人にも演劇にカラオケのように触れてもらえるようになること。
・そして、それらを通じて、人の命を守ること。
を目的として立ち上げました。

誕生日動画が、その趣旨に沿っていないとは思っていませんが、「毎日更新する」ということに重きを置きすぎると、それ自体が目的になってしまうなという危惧を感じました。

前述の通り、毎日更新すること自体は、全然苦じゃないし誕生日を祝うこと自体は楽しいことです。
ただ、どんなに短い動画でも最低2時間は作成にかかります。
その2時間を、演劇の精度を上げるために使いたいです。

あとは単純に再生数の少なさですね笑

僕自身は、再生数が1でもそれはすごいことだと思っていて、チャンネル登録者数が今の段階で500人以上いるのは本当にすごいことだと思っています。
よく小躍りしています。

これから先、SNSはどんどん、クローズドなもの。コミュニティごとに閉ざされたオンラインのつながりになってくると思っていて、「バズる」ということにあんまり価値がなくなると思います。

だからコミュニティの信頼度の深さの方が再生数や、登録者数より大事です。

とはいえ、演劇や、世の中にコンテンツを発信することを趣味ではなく仕事といている身からすると、日々自分が発信しているものを商売道具として捉え、検品していかないといけないのは絶対です。

本当に演劇で人が救いたいなら、継続が可能な形を取らないといけません。
自分が生きていけないと他人は救えません。

毎日、直接に物を売って目の前でお金を受け取る形の仕事ではないので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、全部が仕事として成立していないとダメだと思ってます。
毎日の生配信もYouTubeも、無料ですが、これは、信頼や信用の貯金であり、いつそれを、どうやってマネタイズするかを考えていないとだめだと思ってます。

本気で演劇で誰かを救いたいなら、お金のことをないがしろにしてはいけないと思っています。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、演劇に真剣だぞということだけ伝わっていればと思います。

誕生日を祝って欲しい方は、朝の生配信(https://www.showroom-live.com/kajimotodaiki)か道でばったり出会った時に、誕生日なんです!と申告していただければ、全力でおめでとう!を言わせてもらいます。

ただ、続けてよかったこともたくさんあって、カジフェッショナルや、ASMRはやってて楽しかったし、日付とは関係なくこれからも研究したいと思ってますので、動画が出たら高評価10回お願いします(1回しかできないよ)。

以上、今日は、演劇の継続の為に、一つ継続をあえてやめますというお話でした。

書いてて、ああ、こんな決断できるようになったのか、とちょっと自分で感慨深いです。
昔の僕だったら、えーやめるのかよって言われるのが嫌で、続ける一択だったと思います。

本気です。


----------------

〇え?いつでも見守りたいって?だったら鍛治本公式LINEアカウント!

ワークショップ情報がいち早く来たり、AI鍛治本とのお喋りを楽しんだりできます!

友達登録こちらから!↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ja.png です

〇え?!もっと応援したいって?それならYouTubeチャンネル「かじちゃんねる」チャンネル登録!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!
チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です