自分の主戦場

こんにちは
鍛治本です。

昨日の続き。

夜、SHOWROOMをやっていて、思ったこと。

現在、YouTubeで、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を朗読している。

SHOWROOMで、生朗読をリクエストされた。

宮沢賢治の文章は、独特な言い回しも多いし、お酒も入っている(#個人的問題

拙い朗読ながら、一章だけさらっと読んでみた。

すると、どうだろう、何だかYouTubeで、声だけのものより、喜ばれている気がした。
いやいや、それは、実際にリアルタイムであることや、反応が直に返ってくるからそう思うだけのことだとも思う。

でも、やはり表情が見える方がいいという意見も多くみられた。

YouTubeも、朗読とはいえ、事前にアクセントを調べたり(田舎もんだからすぐなまる)、録音状態を気にしたり、曲の入れどころを考えた李、出来るだけクオリティを上げようとかなりの時間を使って用意している。

でも、ハッとした。
自分はもともとずっとライブを生業にしてきた役者じゃないか、と。

しかも声だけで勝負していたわけじゃなくて(本物の声優さんには全然敵わない)、表情や全身でお芝居をしてきたはずだ。

クオリティを上げようとするところ(それ自体は悪いことじゃない)、お客さんが望んでいるもの、に若干のズレが生じていたんじゃないか、と思った。

今は、まだ、漠然とした気づきだけど、これから試行錯誤していこうと思う。

何をするにも人より時間がかかる。
でも、今はそんな自分が嫌いじゃない。

ゆっくり着実にやっていこうと思う。
見守りよろしくね。

----------------

〇鍛治本公式LINEアカウントお友達登録お願いします!

ワークショップ情報がいち早く来たり、AI鍛治本とのお喋りを楽しんだりできます!

友達登録こちらから!↓↓↓

〇YouTubeチャンネル「かじちゃんねる」更新中!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!
チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

最新動画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です