カッコつけんのやめます

おはようございます
初日の朝の鍛治本です。

今日は、宣言というか報告というか、改めて気付いたことをみなさんと共有したいと思います。

今日のラジオトークでも、肉声で語っているので、そちらの方も合わせて聞いてもらえると嬉しいです。

https://radiotalk.jp/talk/492675

結論から言うと、「カッコつけるのをやめる!」ってことです。

この「カッコつける」という言葉には僕の中で色んな意味が含まれていて、他の言葉に言い換えるなら、

やりたいことをやる
助けを求める
わがままになる
自分を認める

みたいなことです。

だから、素朴な意味の、「シュッとしてる」とか、「所作を整える」とかって意味とは少し違うってことをご理解ください。

で、なぜその結論に行き着いたかというと、そこには涙ぐましい努力があって(自分で言う奴ダサいな)、自分のことを徹底的に分析したら今一番必要なことがこれだったからです。

なかなか細かい個人的な感覚なので、説明が難しいんですけど(Radiotalkでも上手く説明できた気がしない)、昔っから僕は緊張しいで、人と話すのも、人前に出るのも、めちゃくちゃ自分に負荷がかかるんです(選ぶ職業間違えた)

でも、それを持ち前の研究熱心さで(自分で褒めるスタイル)、分析して、技術を上げる(心配を少なくする)ことと、意識の方向性(自分に向けるんじゃなくて他者に向ける)ってことで、ある程度克服してきた。

ただ、最近、自分の苦手な分野や、ここぞって時の緊張が半端なくて、(表面上は抑えられるのでバレてないかもしれないけど、頭痛がしたりするレベル)、なんとかならないもんかなぁと思ったのがきっかけ。

苦手分野やCoCo壱、もとい、ここ一番で緊張すんのなんて当たり前やろって思われるかもしれない。

そう。僕も、生徒やワークショップのみなさんに質問されたら、緊張をなくそうとすると余計緊張する。緊張はするものとして受け入れる方がいい、と説明してきた。

でも、持ち前の研究熱心さ(褒めて)、と仕事が仕事なので、分析してみた。

その結果、

技術が高まったことや、実績を積んだことで、いつの間にか自分に過度な期待を持つようになってた

ってところに行き着いたわけよ(語尾の乱れ)

もっと突っ込んで探ると、元々の人格形成で、何かをやれる、ちゃんとやれる、いい子である自分にしか価値がない、という考えが無意識にこびりついてんだなってことが分かってきた(カビキラー)

それって裏を返せば、自分を自分で条件付きでしか認めてあげられてないってことだよね。
その結果、しっかりと何かを成し遂げて他者に承認される自分しか価値がないっていう思いが膨らんで→「失敗出来ない」って思い込みが強くなるって、構図だと思うんじゃ(語尾)

なんだか急激に可哀想になったので、もうやめちゃおうってわけ!

失敗上等!嫌われるの上等!やりたいことやろう!

……。けどね、これ、結構前からそうしてたつもりなのよ。
でも、やっぱり気づかないうちに自分以外の他者に承認を求めちゃうのよ。人間だもの(かじを)

言うは易しってやつ。

だから、それをゼロにするって話じゃなくて、あることを受け入れて、日々軌道修正していくってことだし、それと同時に自分をもっと好きになろうぜって話。

あとは、単純に、この仕事してて、いっつもモヤモヤしてたのが、

見に来て欲しい、買って欲しい、っていうの、なんかダサいってみんな思ってる節ない?
なんか直接的でいやらしい感じがして。僕もそう。

でも、よくよく考えたら、自分が自信を持って作ったものは見て欲しいし、買って欲しいし、みんなにちゃんとお金払ってもらって養ってほしい(←言い方ひとつで悪印象の一例)

お高くとまって、演劇が廃れていくのと、自分が演劇が続けられなくなるのが嫌なので、そこもカッコつけずに言おうって思ったのもタイミング的に重なるんだよね。

結構、気付いてないだけで、これが原因で苦しんでる人って多いと思う。

まずは自分を認めるところから。その方がみんなもっと好きになってくれる気がするよ。一緒に実験しよ。

『VIVIDCONTACT-re:born-』初日!見に来てね!!

———————————————————————————————

◯出演その1

『VIVID CONTACT -re:born-』

予約、詳細↓↓↓
http://confetti-web.com/vivicon2020reborn
映像配信も決定!
詳細はこちら↓↓↓
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=59892&

◆脚本:柏進(WATARoom)
◆スーパーバイザー:川本成(時速246億)

◆出演
納谷健(劇団Patch)
安里勇哉(TOKYO流星群)

山本芳樹(Studio Life)
田中精(30-DELUX)

ピクニック(吉本興業)
鍛治本大樹(キャラメルボックス)
野口オリジナル(ポップンマッシュルームチキン野郎)

TSURU(STANCE PUNKS)

マリカ(WATARoom)
曽世海司(Studio Life)

◆日程:2021年2月24日(水)~28日(日)
 24日(水)19:00
 25日(木)14:00/19:00
 26日(金)14:00/19:00
 27日(土)13:00/18:00
 28日(日)12:00/16:00


◆会場:ザ・ポケット
東京都中野区中野3-22-8 ポケットスクエア内
劇場ロビー 03-3382-1560 ( 公演期間中のみ )
事務所電話 03-3381-8422
JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野駅南口より徒歩7分
駐車場はございません。車、バイクでのご来場はご遠慮ください。
◆チケット
全席指定
前売7,000円 当日7,500円
2021年1月22日(金)12:00発売開始予定
未就学児入場不可
◆チケット取扱い
カンフェティチケットセンター:http://confetti-web.com/vivicon2020reborn
ご購入方法のお問合せ 0120-240-540(通話料無料・平日10:00-18:00)

◯ちまきトートバッグ発売中!

購入はこちらから→https://suzuri.jp/kajimotoworkshop/5751683/tote-bag/m/natural

〇鍛治本公式LINEアカウントはこちら!

ワークショップ情報がいち早く来たり、AI鍛治本とのお喋りを楽しんだりできます!

友達登録こちらから!↓↓↓

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は ja.png です

YouTubeチャンネル「かじちゃんねる」チャンネル登録!

普段のコミュニケーションに役立つ情報や、朗読、猫のちまきとの戯れが見られます!
チャンネル登録よろしくお願いします!

チャンネル登録はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です