「魔族会議」と「たすいち春の短編まつり」と劇団

こんばんは
鍛治本です。

しばらくぶりのブログになってしまいましたが、その間、いろんなことが目まぐるしく変わり、それでも楽しく生きてました。

かいつまんで、近況を説明すると、

5月5日〜下北沢の駅前劇場で上演予定だった劇団たすいち「魔族会議」の稽古をやっていたところ、3回目の緊急事態宣言が出され、お客さんを劇場に入れての上演ができなくなりました。

元々、客席の数を制限していることもあり、数ステージ、カメラを入れて、配信も予定していたことから、配信公演への切り替えを劇団側は検討。

ただ、この時点で、緊急事態宣言下での公演や、配信公演への個々人の考え方を理由に、降板者が出たことにより、当初上演予定だった「魔族会議」の上演が難しいと判断。

演目が変わっても参加する意思を表明したメンバーで集まり、たすいちの持つ短編の中からいくつかをチョイスして、上演作品の選定とキャスティングのためのお試し読み合わせが行われたのが、緊急事態宣言初日の4月25日。

そして、次の日の朝、上演する短編7作品とキャスティングの連絡が送られてきた(この日は稽古休み)
2、30分の短編。一人2作品から3作品。そして出演人数も2人から9人。
これを5月9日の14時と18時に分けて上演することになった。
僕は3本出演し、そこそこのセリフ量。

とにかく時間がないので、一刻も早くセリフを覚えなければいけないし、稽古も集中してやらないと間に合わない。気合が入る。

その午後、、、、、

なんと、作・演出の目崎さんが緊急入院!!

原因は「歯の治療」
詳しくは本人のブログでどうぞ。
https://note.com/mezaki/n/n382055f97051

そこからは、劇団員を各作品のリーダーにおいて、みんなで話し合いながら稽古を進め、その映像を病院に配信し、病室から出来る範囲で演出をするという、なんともハイテクなんだか、泥臭いんだか分からない稽古スタイルで進んでいった。

そして昨日は稽古場での最終稽古。
今日は、劇団員の皆さんが劇場入りして、仕込み(配信準備)をしてくれた。

明日からは劇場で稽古して9日日曜日の配信に備える。
6日仕込み1日本番という異例スタイル。

で、ここまでの間に、緊急事態宣言が出されるタイミング、演目が変更になるタイミング、目崎さん緊急入院タイミング(笑←無事退院しました)で、出演続行の意思があるかを聞かれた。

あらかじめ言っておくけど、もちろん、そこにはそれぞれの思いや、価値観があって、どれが正しいということはない。

僕個人の回答は、いつも即答で「出演する」だった。

その理由は、目崎さんから最初のオファーをもらった時に遡る。

当初上演予定だった「魔族会議」は再演。初演の評判は上々だったよう。

その人気作を引っさげ、下北沢の駅前劇場に初進出する。
その公演に出て欲しいというオファーだった。

たすいちは、僕よりも少し年下の20代30代が多い劇団。

僕も今だにキャラメルボックスという劇団に所属している。というか、僕の演劇キャリアは劇団から始まった。

だから、劇団の大変さやめんどくささを嫌という程、分かっている。

でも、僕はそんな面倒くさくて、ちょっと古臭さを感じる「劇団」という形式が好きだ。

そんな「劇団」にとって、下北沢、そして、駅前劇場は、一つの目標になっている(キャラメルボックスはあまり縁がありませんが)

だから、とても今回の公演にかける思いが伝わってきた。

僕は勝手に、駅前劇場初進出を盛り上げる手助けがしたいと、心に決め、出演を決めた。

なので、そこから、配信公演になろうが、演目が変わろうが、演出家が入院しようが(びっくりしたけど)、あんまり迷いがなかった。
演目よりも、役者としての理念よりも、憧れの場所へ進出するお手伝いが今回の使命だから。

とにかく、「劇団」という集団を応援したいし、何より劇団という活動の輪の中に居られるのが楽しかった。

本当に不謹慎だけど、イレギュラーが起きれば起きるほど、「おうおう!なんでもきやがれ!」と勝手に漲っていた。

あとは、お客さんだ。
お客さんに楽しんでもらえること、それが僕の、僕らの存在意義であると思っているので、作品はもちろん、この状況で何がどこまで出来るのか、その過程自体を楽しんでもらいたい。

完璧なんて永遠にこない。だけど、それを目指すことで、挫折や失敗が生まれる。
それも請け負って進む姿を見てもらうことで楽しんでもらいたい。

14時の回予約https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/288

18時の回予約https://v2.kan-geki.com/live-streaming/ticket/289

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です