「酔鯨云々」→声のお仕事→「9月31日の花嫁」

こんにちは
鍛治本です。

昨日は「酔鯨云々」の稽古は、役者の動きの修正。
台本のカットが終わり、通し稽古をした上で、もっと動けるところ、クローズアップしたいところが明確になった為。

最初に台本を読んだ時の印象とは、かなり違う印象に。
戯曲が、演出と役者で色を変える面白がある。

稽古が終わったら、声の仕事に。
みんながしっかりと意見をいいながら作り上げている意欲的でとても雰囲気の良い現場。

そして今日は「酔鯨云々」の稽古はお休み。
「9月31日の花嫁」の稽古に。

毎日、違う場所で違う人たちと物作りしている今の環境がありがたい。

では、いってきまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です