『テイラーバートン』の稽古にお邪魔しました。

こんばんは
鍛治本です。

昨日は『なるべく派手な服を着る』の稽古終わりに、『テイラーバートン』の稽古を見学。

『テイラーバートン』は、16日に東京キネマ倶楽部で本番なんだけど、稽古で行けないので見に行けてよかった。

これもオンラインサロンの特権。

西野さんはめちゃくちゃ多忙のなか、舞台をやるなんてすごい。

それにしても、やっぱり日々、お客さんの空気を掴むことを仕事にしている芸人さんはすごい。

常に意識が外に向いているのが分かる。

演劇でも、僕もワークショップでもよく言う、心を開くがナチュラルに体現されている。

周りを楽しませることにベクトルが向いているとやっぱり素敵。

台本もとても面白いけど、アドリブであろうところもとても面白い。
というか、繋ぎ目が分からない。

こりゃあ、本番はもっと面白くなるだろうなぁ。

自分も演劇の民主化すすめたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です